FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

 

さて、プロフィールにも書きました通り、私は人生のドン底に落ちたわけでしたが、不幸中の幸いというか、私には持て余すほどの時間がありました。

 

すべてを失った代わりに時間を手に入れたのです。

 

当時の私がどんなことを考えていたのかというと、
「お金をかけずに一人で出来て、短期間で成功するにはどうすればいいか?」
ということでした。

 

起業されたことがある方なら、よくご存知でしょうが、ビジネスを急ピッチで加速させるためには、レバレッジをかけることが必要不可欠です。

 

レバレッジとは、簡単に言うと経済活動において他人資本を使うことで、自己資本に対する利益率を高めることです。

 

しかし、私はレバレッジをかけるどころか、負債を返済していかなければならない身・・・

 

そう考えると、私に出来ることはFXくらいしかありませんでした。

 

FXなら一人で出来ますし、レバレッジもかけられるので少ない資金でもできます。

 

 

でも、なるべくFXはやりたくありませんでした。

 

なぜなら、私は経営者時代、株式や先物で大きな損失を出していたからです。

 

そんなトラウマもあり、“FXは最終手段”と決めていたのですが、

 

お金も人脈もない私にできることなんて本当に限られてしまいます。

 

いくら考えても時間の無駄だと感じ、私は本格的にFXの勉強を始めました。

 

アレキサンダーエルダーやマークダグラス、ジェシーリバモアを始め、有名どころの本はすべて読み尽くしました。

 

まずは、正しい知識をつける必要があると思ったからです。

 

それからは試行錯誤の日々。

 

デモトレードで完璧に勝てるようになるまでは自分のお金は使わないと決め、

 

「これなら絶対に勝てる!」と確信が持てるまで実践検証を繰り返すことにしました。

 

なぜなら、資金の少ない私にとって、たった一度のミスも許されない状況だからです。

 

まさに人生の背水の陣でした。

 

私はそれから約10ヶ月間、一人部屋に閉じこもり、デモトレード漬けの毎日を過ごしました。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

 

自分なりにFXについてかなりの知識を身につけたつもりでも、なかなか安定して勝てないというか、確信が持てるような状態にはなりませんでした。

 

「勝つときは勝つ」「負けるときは負ける」

 

そんな当たり前な状況からなかなか脱することができません。

 

いくらやっても自分が理想とするトレードができず、さすがにくじけそうになりました。

 

想像してみてください。

 

毎日、朝から晩まで・・・いや深夜まで、まったくお金にならないデモトレードを本気でやり続けることを・・・

 

それも10ヶ月です。

 

他に収入があって食べるに困らないとすれば、まだ我慢できるかもしれませんが、私には何もありませんでした。

 

「こんなことやっていて意味があるのだろうか・・・」

 

そんなふうに何度も思いました。

 

例えるなら、出口の見えない真っ暗闇のトンネルをひたすら歩き続ける感じです。

 

ただ、そんなときはいつも、有名なテニスプレーヤーである松岡修造さんの言葉に勇気づけられました。

 

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

 

 

この名言がなければ、私はすでに諦めていたでしょうし、こうしてあなたと出会うこともなかったと思います。

 

「あとちょっと、もう一歩で答えが出るかもしれないのにここでやめてしまったら、これまでの努力が全てが無駄になってしまう…」

 

どんなに辛い時も、どんなに苦しい時も、このように思えたからこそ、今の自分があることは間違いありません。

 

 

ちょっと話が脱線してしまいましたが、そうやって諦めずにやってきた甲斐もあり、私はあることに気づきました。

 

それは、「今までのビジネス経験がFXでも役立つのではないか?」ということです。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

 

FXとは直接関係のない話ですが、ちょっとお付き合いください。

 

あなたは「企業生存率」をご存知ですか?

 

企業生存率とは、会社を設立してから何年くらい経営が続くのかというデータです。

 

たとえば、今年新しく100社が設立されたとします。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

 

という「国税庁統計年報書」のデータです。

 

これは、10年後に生存している会社はたったの5社しかないということを表しています。

 

会社が10年続いて一人前だとすれば、勝ち組の比率は5%。

 

一方で、95%が負け組ということになりますね。

 

さて、この比率・・・どこかで見たことがありませんか?

 

そう、FXとまったく同じなんです。

 

ある証券会社のデータによると、FXでは1年後に元本割れをしている人の割合が約95%と言われています。

 

つまり、資金が増えている人は5%しかいないということです。

 

そのため、FXの勝ち組は5%だと言われています。

 

 

では、話を戻しましょう。

 

なぜ、私が「自分のビジネス経験を生かせるかもしれない」と思ったのかというと、トレードで勝とうとする(攻める)のではなく、生存させること(守ること)を第一に考えれば、もっと簡単に答えが出てくるのではないか?と思ったからです。

 

もし少しだけ経営者目線の話にお付き合い下さい。

 

たとえば、投資の世界では「相場から退場する」という言葉がよく使われますが、これを会社に例えるなら「退場=倒産」です。

 

そこで、会社を成功させること、すなわち長く継続させるためには、どうすればいいのかを考えてみます。

 

会社を長続きさせるためには、「失敗する要因を徹底的に排除する」ことが鉄則です。

 

当たり前ですよね。失敗する要因があるから会社がダメになってしまうのですから・・・

 

しかし、多くの人は

 

「こうやったら成功する!」「みんな○○○でうまくいってるみたいだから真似してみよう」など、それとは逆の発想を強く持ってしまっています。

 

もちろん、イケイケドンドンで攻めることもすごく大事ですが、大前提にしなければならないのが「失敗する要因を排除すること」です。

 

「★★★」をやって失敗した会社が多いようだ

 

うまくいっていた会社が「▲▲▲」をやったら赤字に転落した

 

資金繰りでは「■■■」をやると自転車操業に陥る

 

 

など、失敗する可能性をできるだけ排除することが重要です。 その上で、自分のやりたいビジネスを走らせる必要があります。

 

ところが、起業当初は「楽しさいっぱい夢いっぱい」ですから、なかなかマイナス面(守り)に目を向けられる人がいません。 目を向けられたとしても、そっちの割合が小さくなってしまう方がほとんどです。

 

これもFXと非常に似ているのではないかと思います。

 

いずれにしても、失敗の芽を摘むことで勝率が飛躍的に高まるのは間違いありません。

 

安定して長く勝ち続けようと思うのなら尚更です。

 

 

さて、FXとは関係ない話が長く続いてしまいましたが、ここからが本題になります。

 

FXで勝ち続けられるようになるためには、「負ける要素を排除していくこと」が最初のステップです。

 

 

さあ、ここからはあなたにも参加していただきましょう。

 

まずは、あなたの現状から分析していきます。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

 

では、あなたにいくつか質問をしていきたいと思います。

 

次の中であなたに当てはまるものにチェックを入れてください。

 

この質問の回答次第で、あなたがこの先、FXで勝ち続けられるかどうかが分かります。

 

非常に重要な質問ですので、ぜひ真剣に答えてみてください。

 

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

上記以外にも「1日あたりの利益目標や許容損失」「1ヶ月あたりの利益目標や許容損失」などを決めないでトレードしている人も、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

世の中には、様々な投資理論やノウハウがありますが、その中から本当に必要なものが何なのか、役立つものは何なのかを見極めることが難しいという方は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

チャートを見ていて、なんとなく「上がりそうだな」「下がりそうだな」と思って感覚だけで売買してみたり、ニュースなどを見て裏付けも取らずに売買するようなことがある方は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

テレビやインターネットなどで、有名なアナリストや評論家、トレーダーなどが相場の見解を出しているのを見て、その通りに売買したことがある方は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

想定よりも大きな含み損になってしまったのに、損切りを入れなかったり、躊躇したことがある方は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

持っているポジションが逆に行ってしまった時に、含み損が大きくなりすぎてしまい、決済できずにそのまま持ち続けることを塩漬けと言います。 これをやったことがある方は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

たとえば、高い勝率で小さな利益をコツコツと出していたのに、たった1回の負けでその利益をすべて失ってしまった人は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

強制決済とは、含み損が大きくなりすぎた時に、証券会社が自動的に決済してしまうことを言います。このような経験がある方はこちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

チャートを眺めていると、ついついポジションを持ちたくなってしまう人は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

ナンピンとは、自分が思っていた方向と逆に相場が動いてしまったときに、「買い増し」や「売り増し」をすることです。 無計画なナンピンをしたことがある人は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

それまでの負け分を一気に取り戻そうとして、取引枚数を大きくしてトレードしてしまう“ギャンブラータイプ”の方は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

予め自分で設定した利益幅に届く前に、小さな利益で決済したことがある方は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

FXトレードに勝率100%はありません。それなのに、1回1回のトレードで熱くなってしまう方、一喜一憂してしまう方は、こちらにチェックを入れて下さい。

 

 

 

さて、あなたはいくつ該当しましたか?

 

一般的には5〜7個くらい該当される方が多いです。

 

結論から先に申し上げますと、

 

上記の質問に1つでも該当するとFXでは勝ち組になれません。

 

もし、「あなたが1つも該当しなかった」というのであれば、何の問題もありませんので、当サイトを今すぐ閉じていただいて大丈夫です。

 

一方で、上記の質問に1つでも該当した方は、失敗の芽を摘んでいく必要があります。

 

これは、一見「消去法」のように見えるかもしれませんが、無駄を省き、負ける原因を取り除くことで、日々のトレードが研ぎ澄まされていきます。

 

実際、私が自分のトレードに確信が持てるようになったのは、この13項目に該当しないトレード法を構築してからでした。

 

当然ですよね。

 

負ける要素がなくなるのですから。

 

もちろん、日々の「勝った」「負けた」はあります。

 

FXトレードに勝率100%はないので、それは仕方がないことです。

 

それよりも、私たちが一番に考えなければならないことは、トータルの収支をプラスにすることです。

 

できれば1日単位、最低でも月単位の収支をプラスにし、それを毎月継続させることができなければなりません。

 

1回のトレードの「勝った」「負けた」は差ほど重要ではありません。

 

 

では、話を戻しましょう。

 

私は約10ヶ月間、デモトレード漬けの毎日を送っていましたが、これらの「負け組の要素」を完全排除し、ある5つのトレード手法を構築したことで、デモトレードを卒業することを決意します。

 

そして今でこそ完全なるFXトレード収益を実現することができるようになったのですが、あなたは私がどんなトレードをしているのか知りたくありませんか?

 

そこで、次は具体的なトレード手法についてお話しましょう。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

 

私のトレード手法は、たった5つしかありません。

 

どの場面でどの手法を用いるかは、その時の相場の状態(チャートの形状)によって決定します。

 

相場の状態とは「現時点に至るまで相場がどのような動きをしてきたのか?」というプロセスです。

 

たとえば、現在の相場が上昇していたとしても、

 

■一方的に相場が上昇してきたのか?

 

■上がったり下がったりを繰り返して上がってきたのか?

 

など、そのプロセスは異なります。

 

これをさらに細分化して分析していくと面白いものが見えてきます。

 

それは、たった5つのパターンで、ほとんどの相場が抑えられるということです。

 

そのため、私のトレード法は非常にシンプルです。

 

まずは下記をご覧下さい。

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

FXの相場の5つのパターン説明画像

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

移動平均線やローソク足が表示されているだけだと、どこがポイントで、どこに着目すればよいのか、わかりにくいですよね?

 

そこで、現在の相場がどのような場面を迎えているのかが分かるように独自のチャート設定をおこないます。

 

これをおこなうことで「今、何をすればいいのか?」が一目で確認できるようになります。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

一見、何の変哲もない相場に見えても、ステップ@でセッティングしたチャートを介すことで、相場の状況が手に取るように分かります。

 

FXトレードで重要になるのは「どの場面で、どんなトレードをするか?」という判断になりますが、これは「どの場面」を確認する部分になります。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

相場の状況が確認できたら、あとは「どんなトレードをするか?」を決めるだけです。

 

私のトレード法では5つの手法の中から現在の相場に最も適した手法を1つ選択します。

 

これは明確なルールがありますので、その通りに選ぶだけです。

 

ちなみに、その手法は順張りが4つ、逆張りが1つです。

 

一般的に、相場はレンジが7割、トレンドが3割と言われていますので、逆張りロジックを多く用意したほうがいいのではないかと思われがちですが、レンジ相場が多いからと言って、逆張りが有効な場面が多いわけではありません。

 

トレンドだろうとレンジだろうと、実際には順張りが有効なケースの方が圧倒的に多いです。

 

多くの人が逆張りで失敗してしまうのは、そのことに気づかないで逆張りトレードをしてしまうからです。

 

 

FX手法とルール - 秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

 

選ばれたトレード法のルール通りにポジションを持ち、ルール通りに決済します。

 

なお、決済に関しては「OCO決済」を利用しますので、エントリーしたらあとはほったらかしで大丈夫です。

 

 

 

以上、簡単に私のトレード手順をご紹介しましたが、実にシンプルで驚かれた方も多いと思います。

 

FXトレードで重要なのは「どの場面でどんなトレードをすれば勝てるのか?」を正確に判断することです。

 

勝てない人の多くは

 

「Aという場面でBの手法を使い、Bという場面でAの手法を使う」というような【すれ違いトレード】 をしてしまっています。

 

どうしてこのようなことが起こってしまうのかは、相場が主体なのではなく、手法を主体としたトレードをしてしまっているからです。

 

たとえば、人とコミュニケーションをとるとき、その人がどんな人なのかによって対応方法を変えますよね?

 

それと同じです。

 

FXトレードも相場に応じて対応方法を変えていくのが基本です。

 

「どの場面でどんなトレードをすれば勝てるのか?」

 

それを知るだけで、あなたのトレード成績は大きく変わってくるでしょう。

 

私はこれを知ったとき、ほぼ毎日利益が出せるようになりました。少なくとも月単位で収支がマイナスになることありません。

 

約10ヶ月におよぶ地道な分析作業の末、
ようやく確信が持てるトレード法にたどり着いたのです・・・

>> 秋田式ウイナーズFXの詳細はこちらをクリック!
秋田式ウイナーズFX - 感想レビュー買い取りキャッシュバック価格

秋田式ウイナーズFX解説ホームページ

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール FX手法とルール 教材の内容中身 価格特典返金保証 購入実践者結果評判 質問Q&A